> 【ANY】よりお知らせ
■大分市都町日経会館3F
097-533-0173
■営業時間
 PM21:00~
■呑み放題¥3000、時間制限なし、カラオケも歌い放題、フードの持ち込みもOK!
注・呑み放題メニューしかございません
★焼酎メインのBAR
★お一人様でもお気軽に
★二次会にもどうぞ
> お気に入りブログ
<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
 「怒髪天、拝見いたしました」

 いや~、良かったですよ。



 やっぱり「兄ィ(怒髪天ボーカル)」のトークは最高ですよ。



 先ほどのブログを書いた後に、時間が少しあったので、当然マスター、引っ掛けてました。



 何をって?愚問ですよ。



 ビール呑まないと、マスター貧酒で倒れてしまうじゃないですか(そんな訳…あるかも)。



 で、二杯ほど生ビールを頂戴した後、会場に行ったのです。



 すると、すでに整理券つきの券を持っている猛者達が会場入りしておりました。



 優先入場が出来ないマスターは、指をくわえて待ってますと、「どーぞ」と係員さんの声、それに敏感に反応し、会場入りです。



 熱気ムンムンの会場に司会の方が出て来まして、数分後に「兄ィ」登場です。



 今流行の「桃屋のラー油(兄ィがCMに出てる)」の話などで、会場が笑いに包まれておりました。



 すると、突然ゲストがいると?!



 で、出てきたのは「ザ・バックホーン」から「栄純くん(ギター)」と「光舟くん(ベース)」です。



 それから、色々な話をしながらイントロクイズに。



 てっきり怒髪天の曲が流れるのかと思いましたら、「CHA-LA-HEAD-CHA-LA(ドラゴンボール)」、「ヨドバシカメラの歌」、「熱視線(安全地帯)」、「ふられ気分でRock´n´Roll(TOM・CAT)」、「ワイワイワールド(アラレちゃん)」、「NAI-NAI 16(シブがき隊)」ですよ。



 各曲の間に、今回のアルバム「オトナマイトダンディー」と、イントロクイズの曲とのエピソードを織り交ぜながら、それはそれは面白可笑しく話してくれるのです。



 その後、握手会への流れだったのですが、司会の方が「係りの方ー」と呼びましたら、なんと!タワーレコードのTシャツをお召しになった「坂さん、王子、シミさん」の登場ですよ!



 怒髪天勢ぞろいじゃないですか?!



 ビックリしましたが、何となく、「ある」んじゃないかと、マスター思っておりました。



 今回ライブも福岡であるのですよ。



 メンバー全員で来たのなら、もしや…と、思っていたんですよ。



 願いはかなうのです!(目をいにしえの少女マンガのようにキラキラさせながら)



 で、メンバーから一言づつ頂きまして、握手会へとなったのですが、ここで…残念ながらマスター、タイムリミットです。



 大分に帰り、お店を開けなければいけないのです(涙)。



 握手するために並んだ人は、ざっと見て五万人!(そんなにいないけどね)握手するために待っていましたら、夜が明けてしまいます。



 仕方なく、楽しみに持っていった「握手券」を握り締め、血が出るほど唇を噛み締め、帰路についたのです。



 帰りの道中、マスターは「きゃっきゃ」いっておりましたが。



 星こそ見えませんでしたが、雨は上がり、道路は走りやすくなっておりました。



 まるで、マスターに「仕事がんばるんだぜ!」と、言わんばかりに。



 まあ、助手席で「きゃっきゃ」言ってただけですけどね。



 これで、また、大分での怒髪天のライブが楽しみになりましたよ。



 それでは。



 明日、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を本気で探す事を「兄ィ」に誓ながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2010-03-31 23:25 | オーナーの小言
タワーレコード福岡に来たーーー!!
f0140682_17501618.jpg

ついに来ました!



後は時間を待つのみですよ。



でわ時間潰しを少々して来ます。



後少し楽しみにしかながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2010-03-31 17:50 | オーナーの小言
「怒髪天に会う為に」
f0140682_15395150.jpg

雨の中、高速道路を福岡方面に爆進中でございますよ。



まあ、マスターは助手席で「きゃっきゃ♪」言ってれば良いので特に何とも無いのですがね。



しかし的確なナビゲートをしなければなりません。



ナビゲーション付いてますけどね。



それではまた後ほどです。



高速道路に規制がかからない事を祈りながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2010-03-31 15:39 | オーナーの小言
 「青龍軒に行ったのです」

 人生の先輩でもあり、都町の大先輩でもある「岡星」の大将と青龍軒に行きました。



 正確には、連れて行っていただきました。



 大将には、以前、焼きそばを食べに日田まで連れて行って頂いたので、今回は「僕が運転します!」と、片道分の燃料しか入っていない零戦に乗るくらいの勢いで志願したのですが、「どうせ仕入れがあるからオレ運転するよ。まぁくん呑みよ」と、優しいお声を頂戴いたしました。



 マスターだって好きで零戦に乗るわけでは無いのです。



 まだ生きたいっ!のです(オーバーだね)。



 なので甘えます。



 世間話をしながら乙津方面へ。



 乙津橋手前にありました。



 久留米ラーメンと書いてあります。



 中に入りますと、「広っ!」です。



 客席、通路、厨房とすべてが広い作りになっております。



 店も心も狭いマスターには考えられないゆったりしたスペースです。



 単純に羨ましいのです(これマジ)。



 で、テーブル席に腰を下ろし、壁に貼られたメニューを見ました。

f0140682_15554630.jpg


 それに、「一、安全であること 二、ごまかしのない味であること 三、味がいいこと 四、安価であること」と書かれております。



 プライドを感じます。



 以前行ったどこぞのラーメン屋には、客に対しての要望ばかり書いておりました。



 自分達の、「こだわり」や「プライド」を書き記す、ここのスタイルを見習って欲しいもんです。



 で、ラーメンとビール、おまけに餃子とエビチャーハンまで注文し、「ご自由におとり下さい」コーナーに向かいました。



 沢庵、高菜、キムチなど、数種類のお漬物達がこんにちはしております。



 その中から。高菜とキムチをチョイスしました。

f0140682_1641726.jpg


 キムチは良いつまみになります。



 高菜は、マスターが普段、油で炒めたものばかり食べているせいか、少し物足りない気がしました。



 で、ビールを呑んでましたら「ラーメン来たーーーっ!」です。

f0140682_16735.jpg


 ネギ、きくらげ、のり、チャーシューが乗っております。



 スープは、俄然豚骨なのに獣臭がほとんどしない、マスター好みです。



 麺は、ストレートの中細くらいですね。



 絡みも良く、「うんまい!」です。



 で、次に餃子登場!

f0140682_16103217.jpg


 この大きさの餃子で、7個で¥300はお安いでしょう。



 味はヨシ、何がって訳では無いですが美味しいです。



 で、ついにエビチャーハン降臨。

f0140682_16125062.jpg


 量が凄いんですけど…、物凄いんですけど…。



 ここでマスターからの提案です。



 初めて行った店でチャーハン類を注文する時は、必ず、(半)があれば(半)を頼みましょう。



 身に沁みましたから。



 ここで、マスター、二本目のビールを注文しました。



 その時、目の前の大将が「替玉いっちゃっていいかなぁ」と、たくましい発言を。



 しかし、パッとメニューを見渡しましても、「替玉」という文字がございません。



 「替玉とかあるんすか?」マスター大将に聞きました。



 すると大将が指差した先に、



 「替メン」



 あ~!「替メン」ですか!



 マスターが知る常識など、ゾウの鼻糞くらいのもんなのです(結構デカそうだけど…)。



 こんな呼び方もあるんですよ。



 で、替メンが…うんぉ?!



 初めて見ました。

f0140682_16222248.jpg


 のりが乗ってるじゃないですか!



 むしろ「ノリに乗ってる」じゃないですか!(上手くないよ)



 こんなサービスもあるのですね。



 凄く「良いお店だな」と思いました。



 お店のお父さんやお母さんの、雰囲気作りが良いのか、恐ろしく居心地が良いのです。



 結局、1時間半ほど居座った後、店を出ました。



 「ごちそうさまでした(ほっこり」



 皆さんも一度行ってみて下さい。



 それでは。



 全然回転しそうに無いのに、回転する椅子の座りごごちの良さにビックリしながら、美味しいラーメンを食べ、気さくそうなお父さんとお母さんの笑顔に癒されながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2010-03-30 16:34 | オーナーの小言
 「17時間営業しまして」

 土曜日のお昼1時にオープンしまして、日曜日の朝6時まで営業しておりました。



 疲労困憊で家路に着いたのですが、なぜか日曜日のお昼の3時に、

f0140682_17103947.jpg


 サバチャンとアラチャンを引いております。



 馬鹿か!馬鹿なのか?!



 まあ、いつもの事ですけどね。



 で、今夕方5時過ぎです。



 生ビールの樽を買いに行ったり、ご飯を食べに行ったりした後、またANYオープンです。



 馬鹿か!馬鹿なのか?!



 そろそろ血液より、アルコールの方が多く体内を流れそうです。



 まあ、一向にかまいませんが。



 それでは。



 最早、車の運転など出来ないので、運転を誰かにお願いしながら、後部座席でビア樽と一緒に揺られながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2010-03-28 17:17 | オーナーの小言
 「メニューをリニューアル」

 メニューが新しくなりました。

f0140682_21304546.jpg


 当然このご時世ですから、価格の変動も有るやもしれません。



 値上げなのか値下げなのか…。



 気になる方は見に来てみんしゃい。



 今の「みんしゃい」は勢いですから。



 特に意味は無いですから。



 でもなんか良いですよね。



 皆さんも言ってみて下さい。



 呑みんしゃい!歌いんしゃい!ってね。



 ほら、なんか楽しくなったでしょう。



 マスターは言いませんが…。



 でね、話を戻しまして、今回メニューに載せる焼酎の銘柄を随分悩みました。



 ANYには、無数の数の焼酎がございます。



 星の数程はございませんが、マスターの体中のホクロの数くらいは、あると思います(何個だよ)。



 その中から選りすぐりの物を、今回メニューに載せたのです。



 味の良い物、利益率の良い物、単純に人気のある物、あとは…癒着ですね。



 まあ、メニューに載ってない物も、美味しいので、マスターに遠慮せずに尋ねて下さい。



 「おすすめくだしゃい!」ってね。



 なんか使い方が違う気がしますが、まあ、いいでしょう。



 そうすると、マスターが言う訳ですよ。



 「おすすめ?あ~、無いよ」ってね。



 色々なメーカーさん、酒造さんがこだわって作ったお酒をマスターが批評なんて出来る訳無いぢゃないですか。



 しいて言うなら、「全部呑めば?」くらいですね(あの頃の沢尻なんちゃら風にツンとして)。



 フードに関しては、若干減らさせて貰いました。



 美味しくない物をわざわざ食べてもらう必要ないですから。



 ついでに作るのめんどくさいですから(本音)。



 美味しい物が食べたい方は、出前なり持込なり、なんなりとやっちゃって下さい。



 その際に、マスターの分もあると嬉しいですね。



 いや、無いわけないと信じております。



 無かったらブン殴りますから。



 いや、殴るといけないので、社会的に抹殺します。



 あの手この手を使ってね(くくくっ…)。



 それでは。



 新しいメニューを覚えるために、音読しながら乾杯!!





 
[PR]
by any-f | 2010-03-25 21:32 | オーナーの小言
 「タワーレコードに行きまして」

 「タワーレコードっちどこにあるん?」尋ねてみました。



 普段からCDなどは、インターネットで購入するため、マスター、タワーレコード大分店がどこにあるのかを知りませんでした(お恥ずかしい)。



 何でもフォーラスの地下にあるとか。



 で、行ってみたのです。



 何のためにかって?



 これを購入するためです。

f0140682_1845137.jpg


 怒髪天のCDですね。



 このCDをわざわざタワーレコードで購入したのには訳があるのです。



 3月31日にタワーレコード福岡店で行われます「オトナマイト・ダンディ発売記念!!怒髪天オトナマイトーク&握手会」に参加するための、握手券を頂くためなのです。



 残念ながら、整理券つきのほうは既にありませんでしたが、普通の握手券を頂きました。



 ほっこりしながら外に出まして、何故か足は駐車場とは反対方向に向かいます。



 久しぶりにアレが食べたくなったのです。



 それがコレ

f0140682_18125767.jpg


 そう、「てったこ」です。



 幼馴染のアキラ君が働いていたのもありまして、以前は良く食べていたのですが、アキラ君が辞めてからは、足が遠のいておりました。



 なので、久しぶりに食べたのです。



 美味しかったですよ。



 一人で1パックはなかなか大変ではありましたが。



 しかし、その数時間後、また食べておりました。



 いったいどんだけ食べるのか?どれだけ呑むのか?自分のことながら「やれやれ」ですよ。

f0140682_1821147.jpg


 まあ美味しいものは入るんですね。



 それでは。



 一日に何日か分の食事を取り、パンパンのお腹を撫でながらも、やっぱり「ビールは別腹」と、グイグイ呑みながら、怒髪天のイベントを楽しみにしながら乾杯!!



 
[PR]
by any-f | 2010-03-22 18:25 | オーナーの小言
 「のり弁を喰らう」

 ぐっさんのCMが気になりまして、珍しく弁当を購入いたしました。



 その昔、随分お世話になった「のり弁」ですね。

f0140682_1717024.jpg


 キャンペーン中で、お値段なんと200円!お安くなっております。



 感想は、…のり弁って感じです。



 素晴らしい安定感です。



 「ブレない」ということは、こうも人を安心させるのですね。



 全部食べるのに2日かかりましたが。



 で、今更ながら気が付いたのが、のり弁の「のり」って切れ目?が入ってるんですよ!



 皆さんご存知でしたか?一枚ののりがべら~っとならないように一口サイズ程度に切れ目が入ってるんですよ。



 こうゆう愛情が、のり弁を少し、美味しくするのです。



 皆さんもどうでしょう?お安い内にお求めになって下さい。



 まあ、安くなくても安いですけど。



 それでは。



 のり弁が中々の高カロリー食だと、今更気が付きながらも、ビールと共に美味しく頂きながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2010-03-21 17:31 | オーナーの小言
 「いいわけすんな」

 年度末ですが、皆さんどうですか?忙しいですか?暇を持て余してますか?



 忙しいのを人のせいにしてませんか?暇なのを人のせいにしてませんか?



 やらなきゃいけないことに言い訳ばかりして、やらない事に満足してませんか?



 この世の中に、「頑張らなくていい!」理由なんて、鼻糞ほどもないのですよ。



 頑張る理由なんていらないのです。



 頑張らなくていい理由がないので、頑張るしかないのです。



 他人のことを羨んでませんか?



 他人を羨んでも、自分が幸せになることなどないのですよ。



 隣の芝生は良く見えるもんです。



 「人を羨む事は、自分を否定することだ!」という素晴らしい言葉を何らかで見たことがあります。



 マスターもそう思っておりました。



 加えまして、自分を否定すると共に、今まで自分の為に何かしてくれた人に「失礼」になると思うのです。



 みんな自分だけのたった一度の人生じゃないですか。



 泣きながら笑いながら一生懸命生きて行こうではありませんか!



 「言い訳」なんかしょっぱいことしないで下さい。



 最近、しょうも無い話ばかり聞くので、マスターげんなりしてます。



 熱い涙を拭かせて下さい。



 悔しい涙を拭かせて下さい。



 今度しょうもない話を聞きましたら、容赦無く、指ずっぽり級の「七年殺し」をおみまいします。



 ANYは、傷を舐めあうところです。



 傷をふさいでなんかくれません。



 自分の治癒力で治すのです。



 それが足りなければオロナイン役をマスターがいたします。



 喜んでオロナイン(軟膏)にならせてもらいます。



 それでもダメなら、酒を呑もうじゃありませんか。



 グィッと!いこうじゃないですか。



 それでは。



 くたびれたカラカラの大人達を待ちわびながら乾杯!!



 
[PR]
by any-f | 2010-03-18 21:29 | オーナーの小言
 「ペヤング」

 ドンドンドン ドンキー ドンキーホーテー♪に行った時に、気になって買ってしまいました。

f0140682_20113526.jpg


 お笑い界のティガレックスこと(誰も言わないよね)、ダウンタウンの浜ちゃんの好物であります(リンカーン調べ)「ペヤング」でございます。



 また、SEAMOの「ペヤングビート」でもお馴染みですよね。




 かなり前に一度食べた事があるのですが、全く記憶にないので、心して食べたいと思っております。



 まあ、美味いんでしょうけど(当たり前のように)。



 しかし、超大盛の方は食べるのに少し勇気がいりますね。



 やきそば1食でカロリーがなんと「1099kcal」と、まさかの千㌔㌍越えですよ!



 これは、明け方に、マスターがぶっ壊れた時に食べようと思います。



 その時ならイケると思います。



 まあ、ぶっ壊れた時に、「ペヤング」の事を思い出せばですけどね。



 それでは、並サイズ?のペヤングを食べないといけないのでこのへんで。



 お約束の、湯切りで麺をこぼしてしまうヤツをリアルに再現してしまい、慌てて手でキャッチしようとしたら熱さにビックリし、手を生ビールのグラスで冷やしながら、グラスがぬるくならないように、次々とグラスにビールを注いでは呑んでを繰り返しながら乾杯!!


 
[PR]
by any-f | 2010-03-17 20:30 | オーナーの小言