> 【ANY】よりお知らせ
■大分市都町日経会館3F
097-533-0173
■営業時間
 PM21:00~
■呑み放題¥3000、時間制限なし、カラオケも歌い放題、フードの持ち込みもOK!
注・呑み放題メニューしかございません
★焼酎メインのBAR
★お一人様でもお気軽に
★二次会にもどうぞ
> お気に入りブログ
>  「怒髪天、武道館の前夜祭」

 ホテルにチェックインして、前夜祭に行く支度をします。この前夜祭に参加するために今回、JTBのツアーに申し込んだようなもんです。凄く楽しみにしてました。


 渋谷までの地下鉄を確認し、怒髪天のTシャツ、その上に怒髪天ブルゾンをはおり、両腕にリストバンドをし、どこからどう見ても怒髪天界隈です。いざ出陣!


 この時に、前夜祭の内容などは一切知りません。でも、楽しみなのは確かなのです。


 地下鉄で渋谷へ。地上に上がると人の多さにビビル。しかしながらなるべくキョロキョロしないようにしながら歩きます。スクランブル交差点も細心の注意を払いながら前進し、なんとかぶつからずに通過できました。内心はホッとしておりましたが余裕な体でガンガン進みます。


 一度道を間違えただけで、難無く?ライブハウスに到着しました。既に人でいっぱいですよ。しかしここで慌てて並ぶのはおのぼりさん。少し余裕を見せるために目の前のコンビにでビールとポテトを購入し、ぐびっとやっておりました。


 どうです?この大人の余裕。まあ、整理番号が遅いのでどうせ遅くしか入れないからなんですけどね。


 開場して列が動き始めます。マスターの整理番号は600番台で、当然入れるのはかなり後の方ですね。ようやく入場した頃には会場内はもう人でいっぱいでした。しかし、なんとかステージが見える場所を確保しました。ワンドリンクのビールを貰いに行きたいところですが、今はこの場所を死守することが大事。地蔵のようにじっとステージを見つめておりました。


 地蔵になること数分、司会の掟ポルシェと怒髪天のメンバーが登場しました。なんでも司会の掟さんはともやすさんの地元の後輩にあたるらしい。ブブカ(雑誌)でしか掟さんを見たことの無いマスターは興味深々でしたが、それよりも怒髪天の昔の映像が流れだした時にはそれに釘付けです。北海道時代のメンバーの映像は実に可愛らしく、実に若かった。いろんな意味で若かったですね。


 その後、昔からのバンド仲間との対談の模様、メンバーの家族からの手紙、聞いていただけで目頭が熱くなりました。


 「さあ、明日は武道館本番なのでこのくらいで」とお開き模様の時にサプライズ!なんとメンバーがお見送りしてくれるというのです!


 兄ぃ&しみさんペアと、ともやすさん坂さんペアに分かれてのお見送りです。


 どっちに進むか存分に迷うところですが、行ったのはともやすさん坂さんペアの方。


 「明日楽しみにしてます!頑張ってください!!」


 と声を掛けて、がっちり握手!!


 ありがたい…本当にありがたい…。


 興奮しながら渋谷を後にするのでした。


 それでは。


 いただいたお土産の中身を楽しみにしながら乾杯!!


[PR]
by any-f | 2014-01-14 23:06 | オーナーの小言