> 【ANY】よりお知らせ
■大分市都町日経会館3F
097-533-0173
■営業時間
 PM21:00~
■呑み放題¥3000、時間制限なし、カラオケも歌い放題、フードの持ち込みもOK!
注・呑み放題メニューしかございません
★焼酎メインのBAR
★お一人様でもお気軽に
★二次会にもどうぞ
> お気に入りブログ
>  「ヘルメット ②」

 ヘルメットが無くなった次の日、ANYで起床し、小一時間ぼーっとした後、バイクに向かいました。



 で、向かってる途中で思い出しました。



 「ヘルメット」がないことを。



 よし、ヘルメットを買いに行こう。最寄のドンキホーテに向かって歩き出しました。



 この日も高くとにかく暑い!しかしドンキホーテは歩いて10分そこら。昨日の苦しみを考えればなんてこたぁない。


 
 だってそこに



 ヘルメットがあるのだから。



 ドンキに無事到着。2階のカー用品コーナーに意気揚々と向かいます。視界に広がるのは無数のヘルメット。



 さあ吟味しよう。まず半キャップはナッシング。あんなもんで大切な命は守れない。次にジェットヘル、前回同様ボンバーマンになれそうな物を探しますが、如何せんしっくりきません。もうボンバーマンにはなれないらしい(がっくり)。



 そうなるともうフルェイスしかありませんね。ずーっと見渡しましたら黒光りするそれを見つけました。



 メタリックの入った黒いフルェイス、もうこれしか見えない。これにする。サイズはフリー。問題ない!これにする!



 そのヘルメットを持ってレジに向かいます。レジにいる店員さんに、すぐに使うから箱、その他もろもろを処分してくれと伝え、剥き出しになった黒いヘルメットを片手に持って出口を目指します。



 その時の勇壮に歩くマスターの姿は、「アルマゲドン」のときのハリー・スタンパー役のブルース・ウィルスのようですよ。頭の中に流れるBGMはもちろんエアロスミスのあれ。



 すれ違う人の奇怪の物を見る目に臆することなく堂々と歩いて出口を通ります。



 「暑いな」(手をおでこにかざしながら)



 外に出て、灼熱の太陽の下で思いました。



 「なんでバイクを押してこなかったんだと」



 フリーズしました。数秒間フリーズしました。



 申し訳なさそうに店内に戻り、例の黄色い袋を頂戴し、その中に黒光りするフルフェイスをしまい込み、うなだれてバイクのとこに歩いて向かったのです。



 こうして無事ヘルメットをGETしました(にっこり)。



 今日もそのヘルメットをかぶり通勤しております。



 それでは。



 フルフェイスの中で、とんでもないくらい汗をかきながら乾杯!!
[PR]
by any-f | 2013-07-26 19:45 | オーナーの小言